平等院

京都観光におすすめ!京都の素晴らしい絶景撮影スポット10選をご紹介

日本の代表的な観光地である京都は、街中どこにファインダーを向けても被写体に困らないというぐらい、数え切れない数の魅力的な撮影スポットがあります

逆に多すぎて選びきれないという方もいらしゃるのではないでしょうか?

今回は遠方から京都に行く場合でも効率よく回れるよう、撮影スポットを厳選し、10選にまとめました。

平等院

京都/平等院

EOS6D 24mm f10 SS1/40 iso400

平等院(びょうどういん)は、平安時代に創建された京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの仏教寺院です。

国宝の鳳凰堂は10円硬貨にも描かれている日本人にとって馴染みの深い建物です。

平成6年(1994年)にユネスコ世界遺産「古都京都の文化財」の構成物件の一つとして登録され世界的にも有名です。

鳳凰堂

京都/平等院

EOS6D 24mm f10 SS1/40 iso400 空を合成

横長の建物とリフレクションを写す為に、広角レンズで撮影しました。

リフレクションを強調する為に、水面の露出を持ち上げて補正し、空は合成しました。

この時は少し風があり、リフレクションを撮影するベストコンディションとはいえませんでした。

リフレクションの撮影はなるべく風が無く、水面が鏡のように凪いでいる時がベストタイミングです。

アクセス

  • JR西日本 奈良線宇治駅下車 東へ徒歩10分

【公式ページ】1052年、藤原頼通によって京都府宇治市に開かれた寺院で、鳳凰を屋上に戴く鳳凰堂(国宝)には仏師・定朝作の…

伏見稲荷大社

京都/伏見稲荷大社

朱色の鳥居が立ち並ぶ千本鳥居で有名な伏見稲荷大社は、711年の創建以来、「お稲荷さん」の愛称で親しまれてきた日本の稲荷神社の総本社です。

その人気は初詣では近畿地方の社寺で最多、日本全体でも第4位の参拝者数を集めるほどです。

近年では、日本人のみならず外国人にも人気で世界最大の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」がまとめた2014年の「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で、堂々の1位に輝きました。

昼夜問わず魅力的な千本鳥居

京都/伏見稲荷大社

EOS6D 18mm f3.5 ss1/125 iso640

伏見稲荷大社のハイライトは朱色の鳥居が幾重にも連なる千本鳥居です。人気スポットだけに、とても人が多いため写真を撮るのも大変で、千本鳥居の写真はいかに人の少ないタイミングで写真を撮れるかにかかっているといっても過言ではないぐらい、いつ訪れても混雑しています。

京都/伏見稲荷大社

RX100mⅤ5 35mm f2.8 ss1/25 iso3200

夜の鳥居は昼間とは違った魅力があります。

昼に比べて人が少ないので写真は撮りやすいのですが、三脚禁止なのでiso感度を上げて手持ちで取る必要があります。

稲荷山全体がご神体

伏見稲荷大社の本殿は山麓にありますが、稲荷山全体が神域とされています。標高は233mで山頂までは健康な人なら1時間〜2時間で辿り着くことが可能です。

アクセス

  • JR奈良線 稲荷駅 (徒歩すぐ) – 京都駅からの所要時間は約5分、京阪の伏見稲荷駅より伏見稲荷大社に近く、アクセスが良好です。初詣期間を除き、快速列車は停車ません。
  • 京阪電気鉄道京阪本線 伏見稲荷駅 (徒歩約5分)

1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社の公式ホームページ…

八坂の塔(法観寺)

京都/八坂の塔(法観寺)

SONY RX100M5 24mm f2.8 ss1/25 iso2500

八坂の塔は北の八坂神社と南の清水寺の中間地点に位置しており、東山のランドマークになっています。

正式名称は法観寺といい境内は狭く、五重塔以外に目立った建物がありません。

創建は飛鳥時代とされていますが、現在の五重塔は、1440年に足利義教によって再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。

上の写真のような、よく見かける構図は南側の二年坂方面の路地から撮影したものです。

昼間は混雑しているので、人通りの少ない早朝か、ライトアップされている夜間の撮影がおすすめです!

八坂の塔は内部の拝観も可能

京都/八坂の塔(法観寺)

SONY RX100M5 35mm f2.8 ss1/40 iso2500

あまり知られていませんが、八坂の塔は実は内部の拝観も可能です。

ただし、不定休の為、拝観可能かどうかはお寺に問い合わせが必要です。観光シーズン中の週末には拝観可能な場合が多いようです。

アクセス

 

二年坂(二寧坂)

京都/二年坂(二寧坂)

SONY RX100M5 24mm f2.8 ss1/13 iso3200

二年坂(二寧坂)は、八坂の塔から続く清水寺に至る参道で、知恩院、八坂神社、円山公園、高台寺等の京都の主要なスポットにも囲まれています。

京都の東山の観光は年坂を中心にルートを組み立てると、効率よくまわれますよ!

いかにも「京都らしい」建物と路地が広がるエリア

京都/二年坂(二寧坂)

SONY RX100M5 24mm f8 ss1/30 iso640

二年坂界隈は、まさに多くの人がイメージするであろう「京都らしさ」が詰まったエリアです。

おしゃれなカフェやショップなども立ち並び、多くの人で賑わっています。

おすすめ撮影ルート

京都/二年坂(二寧坂)

SONY RX100M5 24mm f2.5 ss1/25 iso3200

清水寺から二年坂を下り八坂の塔へ向かう北向きルートがおすすめです。

逆も可能ですが、八坂の塔を背中に見ながらになることと道中登り坂になるのであまりオススメできません。

アクセス

京都を代表する観光地「二年坂(二寧坂)」。石畳の風情ある坂道で、清水寺につながる参道として、京都土産のお店が軒を連ねてい…

清水寺

京都/清水寺

EOS6D 28mm F8 ss1/30 iso250 合成

京都の観光スポットをイメージする時、まず最初に清水寺を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

数ある京都の有名スポットの中でも、金閣寺と並び別格の知名度を誇り、世界遺産にも登録されている寺院です。

創建は平安時代初期で、現在の舞台は1633年に江戸幕府3代将軍 徳川家光により再建されたものです。

清水の舞台

古くから「清水の舞台から飛び降りる」という言葉でも知られる「清水の舞台」は、この寺院の本堂前に広がる舞台のことです。

また、その年のイメージを現した「今年の漢字」が発表されるのも、清水寺の舞台です。

早朝の拝観がオススメ

京都/清水寺

EOS6D 28mm F8 ss1/40 iso250

清水寺は修学旅行で必ず訪れると言ってもいいほど、超定番スポットです。そのため平日休日を問わず、いつも大勢の観光客で賑わっており、舞台の上にはぎっしり人が集まっています。

そんな超定番スポットの清水寺ですが、混雑を避ける方法があります。

早朝6:00から開門しているので、早朝に行くとびっくりする程人のいない清水寺を撮影できますよ!

アクセス

音羽山 清水寺

京都府京都市。「清水の舞台」で知られる寺院。北法相宗の本山(一寺一宗)。縁起、年中行事、境内案内。…

建仁寺

京都/建仁寺

SONY RX100M5 24mm f7.1 ss1/30 iso500

建仁寺(けんにんじ)は、1202年創建の京都最古の禅寺で、京都五山の第3位に列せられています。

俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵など、国宝や重要文化財の文化財をこれでもかというぐらい豊富に伝える寺院です。

方丈の中庭

京都/建仁寺

SONY RX100M5 24mm f7.1 ss1/30 iso1000

重要文化財に指定されている建仁寺の方丈は、1599年に安芸の安国寺から安国寺恵瓊によって移建されました。

中庭はとても美しく、時間を忘れいつまでも眺めていたい気持ちになります。

風神雷神図屏風

京都/建仁寺

SONY RX100M5 24mm f7.1 ss1/30 iso3200
▲俵屋宗達 風神雷神図屏風(レプリカ)

かの有名な風神雷神図屏風は17世紀に俵屋宗達によって描かれ、国宝に指定されています。俵屋宗達の名前を知らなくても、風神雷神ときくと、この絵に描かれた風神雷神を思いつくかたが多いのではないでしょうか。

原本は京都国立博物館に預宅されており、普段は見ることができませんが、精巧なレプリカが常時、建仁寺に展示されています。

また、数年に一度、建仁寺で原本を期間限定で公開している場合があります。

双龍図

京都/建仁寺

SONY RX100M5 24mm f1.8 ss1/10 iso3200

法堂の天井画「双龍図」は、小泉 淳作が2002年に建仁寺創建800年を記念して、小泉 淳作により2年をかけて描かれました。

互いに絡みあうように描かれた「阿吽」の双龍は大迫力で、大きさはなんと108畳にも及ぶ大作です。

アクセス

建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山で、建仁2年に開創しました。開山は栄西禅師、開基は源頼家です。坐禅体験、写経体験受け付けて…

銀閣寺(慈照寺)

京都/銀閣寺(慈照寺)

EOS6D 24mm F8 ss1/30 iso200

銀閣寺は正式名称を慈照寺(じしょうじ)といいます。室町幕府8代将軍 足利義政が造営した東山殿を、義政の死後、夢窓疎石を勧請開山に禅寺として創建されました。

国宝の観音殿(銀閣)は、創建当時の風雅な姿をそのまま残しており、室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建築と庭園を有する寺院です。

金箔が張り巡らされ、煌びやかな金閣寺に対して、銀閣寺は詫び寂びを思わせる静かな佇まいです。

アクセス

臨済宗相国寺派

正式名称を東山慈照寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。名の由来は金閣寺に対し、銀閣寺と称せられることとなったといわれていま…

大文字山

大文字は五山の送り火の一つ「大」の字が灯る山として知られています。

大文字山は、実は登山することができ、大文字焼きの「大」の部分までいくことができます。

頂上部分は森林限界を超えない為、展望はありませんが、「大」の部分は下草が刈られている為、京都の町並みを撮影できる知る人ぞ知る撮影スポットになっています。

京都/大文字山

EOS6D 26mm f8 ss 1/60 iso 100

火床越しに見た京都市街です。

京都/大文字山

EOS6D 16mm f8 ss 1/125 iso 100

斜面越しに続く火床です。

京都/大文字山

EOS6D 16mm f8 ss 1/60 iso 160

「大」の字の中心にある「弘法大師堂」。

大文字山登山について

また大文字山の標高は446mで、京都一周トレイル 東山コースの一部になっています。

南へ抜ければ清水寺を経由して伏見稲荷へ、北へ抜ければ将軍塚を経て比叡山へ抜けることができます。

真冬でも降雪することは少ないので1年を通して登山可能です。

大文字山への登山ルートはいくつかのバリエーションがあります。ご自身のレベルにあわせて無理のないルートを選択しましょう。また、事前に登山道の情報をチェックし、安全には十分気をつけてください。
【京都市公式】京都観光Navi

京都の豊かな自然を満喫できるのが「京都一周トレイル」は、5つのコース(東山・北山東部・北山西部・西山・京北)があります。…

アクセス

 

金閣寺(鹿苑寺

京都/金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺は恐らく日本人なら誰でも知っているであろう、京都のみならず日本を代表する観光スポットです。正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)といい、お釈迦様が悟りを開いた菩提樹のあった場所であるインドの林園「鹿野苑(ろくやおん)から名前がとられました。

金閣の名前の由来でもある二層目と三層目には金箔が貼られた煌びやかな三層の舎利殿が世界的にも有名です。

舎利殿は室町時代前期の北山文化を代表する建築でしたが、残念ながら1950年に放火により焼失しました。現在の舎利殿は1955年に再建されたものです。

アクセス

これまで紹介してきたスポットは東山にありましたが、金閣寺だけ北山にあるので少し回りにくいのが注意点です。
臨済宗相国寺派

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。…

嵯峨野 竹林の道

京都/嵯峨野/竹林の道

EOS6D 24mm f3.5 ss 1/60 iso 100

竹林の道(ちくりんのみち)は、京都嵐山の代表的な観光名所の1つで、大河内山荘から野宮神社の間を約200メートルにわたって続く風情のある小道です。

毎年12月には、京都・嵐山花灯路が開催され、ライトアップされた幻想的な竹林の道を歩くことができます。

嵐山へはトロッコ列車で行くのがオススメ

京都/嵯峨野/竹林の道

EOS6D 70mm f4 ss 1/500 iso 100

嵯峨野のある嵐山へは嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車で行くのがオススメです。

春夏は新緑のトンネル、そして秋には紅葉した紅葉のトンネルを駆け抜けます。

途中通過する保津峡もまた絶景です。

混雑するので予約して乗車することがオススメです。

京都嵯峨野、保津峡の四季を楽しむトロッコ列車25分の至福の旅、嵯峨野観光鉄道トップページです。…

アクセス

  • 嵯峨野観光線 「トロッコ嵐山駅](徒歩3分)
  • 京福電鉄 「嵐山駅」(徒歩12分)
  • JR山陰本線 「嵯峨嵐山駅」(徒歩17分)

まとめ

京都にはとても紹介しきれないぐらいの撮影スポットがありますが、今回はその中でも厳選した10選をご紹介致しました。

皆様の撮影のお役に立てれば幸いです!

平等院
最新情報をチェックしよう!