ジュエリーアイス(アイキャッチ)

【氷の宝石】北海道、豊頃町の絶景「ジュエリーアイス」を紹介!【作例あり】

自然が生み出す宝石「ジュエリーアイス」

冬の十勝川で生まれた氷が海に流れ出すと、やがて海流によって河口の大津海岸に打ち寄せられます。
凍てついた太平洋の波によって磨かれた氷の塊は、まるで透き通った宝石のよう。
自然の生み出したその宝石は、いつしかジュエリーアイスと呼ばれるようになりました。

朝日が昇り海岸を埋め尽くすジュエリーアイスが一斉に輝き出す光景はまさに圧巻。
世界的にも珍しいこの現象は北海道豊頃町の大津海岸で観ることができます。

ジュエリーアイスが見られる時期は?

ジュエリーアイスは自然発生する物なので、時期やタイミングが重要になってきます。
一般的に1月中旬~2月下旬頃がシーズンと言われていますが、タイミングによって着岸している氷の量も増減します。
ジュエリーアイスで砂浜が埋め尽くされているベストなタイミングで行くには、ジュエリーアイス通信で情報収集するのがいいでしょう。

ジュエリーアイス 豊頃町観光協会【公式】

北海道十勝・豊頃町の大津海岸で、厳冬期だけ見られる「ジュエリーアイス」の情報ページです。ジュエリーアイスは十勝川の水が氷…

私が行った時は少しタイミングを外してしまって、ジュエリーアイスがかなり少なかったのを覚えています。
しかしジュエリーアイスに対してカメラマンの数は多かったので、みな我先に砂浜を進み撮影場所の確保をしていました。
途中、撮影場所を譲ったり譲られたりしながら撮影するようなシチュエーションもありましたが、次行く時は海岸を埋め尽くすほどのジュエリーアイスが見たいものです。

どの時間帯がベスト?

ジュエリーアイスの撮影は朝日をバックに入れる構図がメジャーですので、気合の入ったベストショットを狙うなら日の出の時間帯でしょう。ただ撮影ポイントまでは移動時間が結構かかりますので、逆算すると相当早い時間に出発しなければいけない所がツラい所です。また早朝は冷え込みも激しいですから、少し気温の上がってきたお昼ごろの時間帯に行くのが時間的にも体力的にも無難かもしれません。

マイナス20℃の世界。防寒対策はしっかりと。

道東の寒さは異次元で大津海岸のある豊頃町もー20℃まで冷え込むこともあります。
それに加え太平洋からの凍えた風が吹き込みますので、体感温度は更に低く感じます。
撮影時は大げさなくらいの防寒対策をしていきましょう。

夕陽とジュエリーアイス
SONY α7ⅲ 1/1000s 35mm f/6.3 ISO100 FE16-35F4

ジュエリーアイス、撮影のコツ

朝日が地平線から出てきたタイミングが勝負なので、
まだうす暗い時間に被写体になるジュエリーアイスを探し、構図の確認や三脚のセットをしなければなりません。
もたもたしていると朝日はすぐ天高く登ってしまいシャッターチャンスを逃してしまいます。
地平線から登る太陽を収めるため、ローアングルのポジションを取れる三脚があると便利でしょう。
更に水面から立ち上る蒸気霧(けあらし)も一緒に収めることが出来れば迫力のある写真が撮れます。

※蒸気霧(けあらし)とは
水面に立ち昇る霧のような現象で、急激に冷え込んだ空気と海水の温度差によって発生します。
気象条件によって発生する物ですが運が良ければ見られるでしょう。
海岸と夕陽
SONY α7ⅲ 1/200s 35mm f/6.3 ISO100 FE16-35F4

意外と忘れがち、手袋は必須

防寒が大切な事は説明しましたが、意外と見落としがちなのが手袋です。
どんなに防寒をしていても手袋がないと一瞬で指が凍てつき、カメラの操作が出来なくなってしまいます。
またいくら暖かい手袋でも、カメラ操作がしにくいと結局は脱ぐはめになるので本末転倒です。
私はカメラの設定をしたりシャッターを切る一瞬なら素手でも大丈夫だろうと甘くみて、カメラ操作のしにくい手袋を持っていきましたが無謀な判断でした。

撮影時は海水に注意

ローアングルでベストショットを狙うため波打ち際で撮影していたのですが、一瞬波が高くなりカメラが飲み込まれてしまいました。波に飲まれたカメラはすぐに凍り付いてしまいかなり焦ったのを覚えています。
波打ち際で撮影する場合は、波の高さに常に気を張って撮影したいですね。
波に飲まれたα7Ⅲはその後も問題なく動きましたが、さすがに海水はまずいと思い
後日SONYのサポートに出して無償点検して貰いました。

ジュエリーアイス
SONY α7ⅲ 1/1000s 35mm f/6.3 ISO100 FE16-35F4

通はお湯を持っていく。

いくら氷の宝石と言えども、自然の物ですから当然ゴミや砂が付いていて見栄えが悪い物もあります。
特に私が大津海岸に行った時はジュエリーアイスの数が少なかったので綺麗な物を探すのが少し大変でした。
観察していると他のカメラマンの方は駐車場で沸かしたお湯を持参し、ジュエリーアイスを磨いていました。
途中で磨いたジュエリーアイスを譲ってくれる心優しい方もいました。

中にはお湯を使ってジュエリーアイスを本格的に作りこむ人達もいます。

ジュエリーアイス
SONY α7ⅲ 1/2500s 35mm f/6.3 ISO100 FE16-35F4

ジュエリーハウスで休憩しよう

撮影が終わったら冷え切った体を温めるのに大津海岸入口にあるジュエリーハウスに駆け込みましょう。
コーヒーやご当地フードなどを提供してくれる上、ストーブで室内が温められています。

冬季限定のジュエリーハウスですが、朝の6時半~7時頃からOPENしてくれているのがありがたいですね。
その年によって営業期間が変わる事もあるかと思うので、事前に調べてから現地に行ってください。

※ただし急な寒暖差によるカメラの結露には注意してください。

大津海岸へのアクセス情報


大津海岸のある豊頃町は近郊の帯広市からでも1時間近くかかります。
駐車場に着いてから歩いて移動する時間、カメラをセットする時間を考えると、相当早い時間に出発する必要がありますね。
因みに私は札幌市から向かったので夜中に車を走らせ5時間近くかかりました。(日帰り)
大津周辺にはコンビニなどがありませんので、帯広市内で食料や飲み物を買い込んでおくことをおススメします。

大津海岸の夕陽
SONY α7ⅲ 1/800s 18mm f/6.3 ISO1000 FE16-35F4

駐車場情報

ジュエリーアイスは割と近年になって知名度を得てきた撮影スポットです。
メディアで取り上げられたり豊頃町の方で観光スポットとして宣伝しだしたのがきっかけかと思われます。
そのおかげで撮影スポットとして有名になり訪れる観光客がかなり増えましたが、小さな町ですので今度は駐車場の問題が出てきます。

私が行ったのは2019年でしたが、付近の空き地が特設駐車場として開放されており
かなりの台数を停められるように配慮されていました。ですので駐車場に関しては問題ないかと思われます。
駐車場以外の所に停めて近隣の住民の方々に迷惑をかけないように気を付けましょう。

ツアーの利用が便利

車でのアクセスが難しい場合は帯広出発のツアーを利用するのも手でしょう。
ただ帯広から1時間近くかかるため早朝の出発になる点に注意が必要です。ツアーで行く場合も防寒はしっかりしてくださいね。

晩成温泉で冷え切った体を暖める

ジュエリーアイスの撮影で冷えきった体を温めるのに温泉はかかせません。帯広まで行けば十勝川温泉など楽しめますが、今回は敢えてマニアックな大樹町の晩成温泉をご紹介します。
全国的に珍しいヨウ素を含むヨード泉で、海を見渡せるロケーションに恵まれています。
温泉内では、大樹町が推している「チーズサーモン丼」も食べる事ができます。
北海道民でも中々行く機会のない場所なのですが、ジュエリーアイスの見られる大津海岸からは40分程でアクセス出来る立地なので、このチャンスにセットで組み込んでみるのも面白いかもしれません。

北海道大樹町公式ホームページ

北海道大樹町の町政・施設・産業・各種手続きの案内、イベント・観光情報など…

まとめ

世界的に見ても珍しい現象であるジュエリーアイス。
北海道の大自然と気象条件が生み出した奇跡の光景。
それはここ大津海岸など一部の限られた地域でしか見る事が出来ません。
少し気合の入った撮影旅行にはなりますが、人生で一度は見て頂きたい絶景です。

ジュエリーアイス(アイキャッチ)
最新情報をチェックしよう!