積丹ブルーと積丹半島の絶景 アイキャッチ

【北海道】積丹ブルーと積丹半島の絶景を作例とともにご紹介!

積丹ブルーと呼ばれる彩度の高い海。

北海道の積丹半島は札幌や小樽の西側に位置する観光スポットで、夏になると素晴らしい景観と海の幸を求めて多くの観光客で賑います。
このエリアは見晴らしのいい岬が数多く点在する上に景観の良い道が続くので、移動も含めて絶景スポットを楽しめます。
中でも非常に彩度の高い「積丹ブルー」と呼ばれる海は、北海道の海の中でも群を抜いて美しい事で有名です。
数えきれないくらい積丹エリアに通っている私が、そんな積丹ブルーを存分に楽しめる定番スポットをまとめてみました。

積丹ブルー
SONY α7ⅲ 1/160s 28mm f/10 ISO100 FE28-70 F3.5-F5.6

神威岬(かむいみさき)

北海道内で唯一 海域公園に指定されている神威岬では、海に突き出した岬から両脇に絶景の積丹ブルーを眺める事ができます。駐車場も広く飲食の出来る神威番屋もあり、積丹の観光スポットとしては一番メジャーな場所でしょう。車はもちろん観光バスでのアクセスも可能です。ただし景観の良い女人禁制の門に行くまで登坂を5分ほど歩かなくてはなりません。

神威岬(かむいみさき)
SONY α7ⅲ 1/200s 28mm f/14 ISO100 FE28-70 F3.5-F5.6

女人禁制の門

かつてこの地は女人禁制であったという名残から、現在でも女人禁制の門が設置されています。
もちろんそのような制度があったのは遥か昔であり、現在は誰でも自由に行き来する事が出来ます。
ここに至る坂を登るのは少し大変ですが、眼下に広がる絶景の積丹ブルーは圧巻ですよ。
航海の難所と言われた神威岬ですが、現在でもあまりにも風が強い時はこの門は閉ざされており残念ながら後に続くチャレンカの小道にアクセスする事は出来ません。

チャレンカの小道

女人禁制の門を超え岬の先端まで歩く事の出来る遊歩道、それがチャレンカの小道です。
先端まで行った景色はまさに絶景なのですが、
アップダウンが激しく片道で2~30分はかかるので、体力的にも時間的にも余裕がない場合はおススメしません。
女人禁制の門から少し進んだ辺りでも十分な景観が望めるので、時間と体力と相談して撮影プランを組んでください。

営業時間に注意

神威岬はその月によって営業時間が細かく変わるので注意が必要です。
公式のページで確認してから向かった方がいいでしょう。
夕日の沈む時間までに閉まってしまうのがかなり痛い所です。

  • 4月 開園時間 8:00~17:30(入園時間 8:00~16:30)
  • 5月 開園時間 8:00~18:00(入園時間 8:00~17:00)
  • 6月 開園時間 8:00~18:30(入園時間 8:00~17:30)
  • 7月 開園時間 8:00~18:00(入園時間 8:00~17:00)
  • 8月~10月 開園時間 8:00~17:30(入園時間 8:00~16:30)
  • 11月 開園時間 8:00~16:30(入園時間 8:00~15:30)
  • 12月~3月 開園時間 10:00~15:00(入園時間 8:00~14:00)

引用 www.kanko-shakotan.jp

積丹観光協会

大海原へとダイナミックにせり出した神威岬の先端までは、女人禁制の門から約770m。両側に日本海の雄大な眺めが広……

アクセス方法

札幌からおよそ100km、2時間程で着くのでドライブスポットとしても丁度いいです。
最近は余市まで高速道路が伸びた事によってアクセスも改善されました。
下道で国道5号線を通ると都市部の札幌⇔小樽⇔余市間でどうしても渋滞が発生するので、移動時間を短縮したい場合は高速道路の利用も視野に入れた方がいいです。

特にお盆のシーズンは札幌、小樽、余市間の国道が北海道とは思えない程の激込みになるので要注意です。

 

神威岬(かむいみさき)2
SONY α7ⅲ 1/160s 28mm f/8 ISO100 FE28-70 F3.5-F5.6

 

島無為海岸(しまむいかいがん)

神威岬から20分程離れた島無為海岸はゲートなどもなく24時間出入りする事が出来ます。
この海岸は神威岬とは違って駐車場から3分程歩いただけで絶景が拝めるのもポイントです。
初めて行く場合は少し入り口が分かりにくい所ではありますが、宿の鱗晃荘(りんこうそう)さんを目印に目指すといいと思います。
歩く距離も少なく、ゲートの開閉時間もない上に神威岬に負けない絶景が見られるので、私的に一番おススメ出来る撮影スポットになります。土日だと観光客は多いですが、それでも神威岬よりもどことなく落ち着いた雰囲気ですね。因みに展望台から15分程下ると海岸に降りる事も出来ますが、こちらも結構な運動量となるのであまりお勧めしません。

島無為海岸(しまむいかいがん)
SONY α7ⅲ 1/160s 28mm f/8 ISO100 FE28-70 F3.5-F5.6

今回紹介している日本海側の撮影スポットは基本的に海に夕日が飲み込まれていく時間帯をおススメします。
残念ながら先ほど紹介した神威岬は入園時間に縛りがあるので、この島無為海岸かその道中で夕日を眺めるのがおススメですね。

奇岩の宝庫 えびす岩と大黒岩

日本海側は奇岩の宝庫でもあり、撮影しがいのある独特の形状をした岩々が点在しているのも特徴です。
中でもえびす岩大黒岩はカメラマンに大人気で、いつ行ってもカメラを片手にした人がいるスポットです。
NDフィルターと長秒露光などで本気撮りしてる人が多い印象ですね。私は24mmの単焦点で長秒露光にチャンレンジしてみました。

島無為海岸(しまむいかいがん)2
SONY α7ⅲ25s 24mm f/8 ISO320  AF24mm F2.8 FE

北海ソーラン祭り花火大会

例年、七月上旬には余市港で4000発程度の花火が打ち上げられます。
以前、たまたま立ち寄った際に
「バルブ撮影」と「比較明合成」を使って花火の撮影にチャンレンジしてみました。

バルブ撮影では

  1. 三脚などでカメラを固定
  2. シャッタースピードをバルブ(bulb)もしくはスローシャッターに設定
  3. 基本的に手振れ補正は切る
  4. 出来ればリモートスイッチなどを使う

以上が基本的な設定になります。
一度三脚で固定した後、カメラを移動させず数枚の写真を撮ります。
後にその数枚の写真をフォトショップなどで「比較明合成」する事により
花火の打ちあがる様子を一枚に凝縮した作品を作り出す事が出来ます。

この時使ったレンズはSAMUYANの24mm単焦点です。
非常に軽量小型なレンズで、JPEG撮って出しの写真も独特の雰囲気があり気に入っています。

この花火大会は札幌から近い事もあり、結構な混雑具合になります。
打ち上げのクライマックスが終わるか終わらないかのうちに急いで駐車場に走りましょう。
帰り道の国道で相当な渋滞に巻き込まれてしまいます。(残念ながら2020年の開催はないようです。)

花火大会2020 - ウォーカープラス

【※2020年の花火大会は開催されません。】7月6日(土)~7月7日(日)に開かれる第51回北海ソーラン祭りのうち、2日…

えびす岩と大黒岩
SONY α7ⅲ (bulb) 24mm f/13 ISO100  AF24mm F2.8 FE
北海ソーラン祭り花火大会
SONY α7ⅲ (bulb) 24mm f/10 ISO100  AF24mm F2.8 FE

まとめ

今回は積丹エリアの定番撮影スポットの紹介でした。
都市部である札幌、観光地の小樽余市とも距離が近いので、夏休みやお盆休みのドライブや撮影旅行にいかかでしょうか。
北海道の日本海側の海は非常に美しい事で有名ですが、特にこの積丹エリアの積丹ブルーはぜひ一度は見て頂きたい絶景です。

積丹ブルーと積丹半島の絶景 アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!