VLOGCAM『ZV-1』

ソニー VLOGCAM 『ZV-1』を徹底レビュー!Webカメラにもできる万能なカメラ!

今回は2020年6月19日にソニーから発売された新コンセプトカメラ VLOGCAM 『ZV-1』をレポートしていきます。

VLOGCAM 『ZV-1』はコンパクトながらVlogに特化した機能がたくさん詰まっています。それらをこの記事では機能別で紹介していきます。また、VLOGCAM 『ZV-1』を用いて実際に外で撮影してきた映像もありますので併せてご覧になってみてください。

世界各国のVloggerの声を集めて、Vlogに求められる機能と使い勝手を備えたカメラがついに誕生!本格的で高画質な映像と、スマートフォンのようなかんたん操作を兼ね備えた、Vlog撮影に特化したカメラです。
読取速度 最大170MB/s, 容量 128GB, 書込速度 最大90MB/s, UHSスピードクラス3、SDスピードクラス CLASS 10

VLOGCAM 『ZV-1』の基本スペック

VLOGCAM 『ZV-1』カメラ

VLOGCAM 『ZV-1』の基本スペック抜粋は以下のとおりです。

ソニー製品情報・ソニーストア

ソニー デジタルカメラ VLOGCAM 公式ウェブサイト。デジタルカメラ VLOGCAMVLOGCAM ZV-1/ZV-…

イメージセンサー
センサータイプ1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2
有効画素数 約2010万画素
レンズ
レンズタイプ ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ(レンズ構成:9群10枚(AAレンズを3枚含む非球面レンズ9枚))
F値(開放) F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)
NDフィルターオート/入(3段分)/切
焦点距離 f=9.4-25.7mm
画角(35mm判相当)(静止画)84°-34°(24-70mm)
光学ズーム2.7倍(動画記録中光学ズーム対応)
カメラ
ISO感度(静止画)ISO125-25600
ISO感度(動画)ISO125-12800
シャッタースピード(電子)シャッタースピード優先(30-1/32000秒)
連写(最大画素数時) Hi: 最高約24コマ/秒、Mid: 最高約10コマ/秒、Low: 最高約3.0コマ/秒
セルフタイマー10秒/5秒/2秒
記録
記録メディアSDメモリーカード/メモリースティック デュオ
インターフェース
入出力端子マルチ/マイクロUSB端子、Hi-Speed USB(USB2.0対応)、HDMIマイクロ端子、マイク端子(3.5mmステレオミニジャック)、マルチインターフェースシュー
Wi-Fi対応IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)
Bluetooth対応標準規格Ver. 4.1 (2.4GHz帯)
電源
消費電力 液晶モニタ使用時:約2.1W
バッテリー使用時間(静止画撮影時)液晶モニタ使用時:約260枚 / 約130分
液晶モニタ使用時(モニター自動オフ 2秒設定時):約410枚 / 約205分
バッテリー使用時間(実動画撮影時)液晶モニタ使用時:約45分
バッテリー使用時間(連続動画撮影時)液晶モニタ使用時:約75分

スペックを眺めてみると、センサータイプは1.0型でコンパクトデジタルカメラの中では一番大きいセンサータイプです。センサーサイズが大きければ大きいほど綺麗な写真が撮れ、ノイズ耐性、階調、ボケの大きさや立体感などがしっかりと表現できます。

レンズは35mm換算で24-70mmです。Vlogでは自撮りをするケースが多いので比較的広角レンズが必要ですが24mmあれば撮影できるので十分でしょう。

F値(開放)はF1.8-F2.8と非常に小さく明るいです。F値はぼけの表現に絡んでくるのですが、F1.8であればだいぶ良いぼけが表現できます。

ISO感度も静止画の場合は最大ISO25600、動画の場合は最大ISO12800ととても大きな値まで設定できます。先のF値と合わせ、暗い場所でもある程度撮影することが可能でしょう。

また、Wi-Fi対応やBluetooth対応もしており、無線でいろいろなことができたり、入力端子として外部マイクを刺せるのも特徴的です。まさにVlog用と言っても過言ではないでしょう。

バッテリーの使用時間についてですが、動画撮影時は約45分なので長時間撮影の場合はバッテリーの予備を用意しておくと良いでしょう。

より詳しいスペックは是非公式サイトを見ていただければと思います。

ソニー製品情報・ソニーストア

ソニー デジタルカメラ VLOGCAM 公式ウェブサイト。デジタルカメラ VLOGCAMVLOGCAM ZV-1/ZV-…

VLOGCAM 『ZV-1』シューティンググリップ

VLOGCAM 『ZV-1』シューティンググリップ

VLOGCAM 『ZV-1』には『ZV-1G』というシューティンググリップが同梱されているバージョンもあります。Vlogを撮影する前提で購入するのであれば『ZV-1G』がオススメです。

シューティンググリップはBluetoothに対応しておりケーブル不要で自由度が高いです。また、脚を広げれば三脚になります。

機能としてはカメラに触れることなくボタンを通じ撮影をすることが可能です。特に撮影方向を簡単に切り換えられる雲台機構はとても使いやすいです。Vlogとして撮影する際にカメラの向きを変えることが何度もあると思いますが、このシューティンググリップを用いれば簡単に向きを調節することが可能です。

GP-VPT2BT
GP-VPT2BT | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー より

他のカメラにも対応しているので、是非一本持っておいて損はないと思います。

VLOGCAM 『ZV-1』機能紹介

VLOGCAM 『ZV-1』にはVlog撮影にぴったりの機能がたくさんあるので、Vlogに最適な機能をピックアップして紹介していきます。

バリアングル液晶モニター

現代のVlogカメラに必須と言っても過言ではない液晶モニターの角度を変える機能ですが、VLOGCAM 『ZV-1』には「バリアングル液晶モニター」が搭載されています。これにより、自撮りの際自由に液晶モニタを回転させることができるので、どのような状態で撮影されているか一目で分かります。

「チルト液晶」と「バリアングル液晶」
「チルト液晶」は背面モニターを引き出すように操作して上下方向に動かせる方式。可動範囲は狭いものの、素早く操作でき、かつレンズの光軸上でモニターを動かせる。
「バリアングル液晶」は背面モニターをカメラの左側に開いて上下方向に回転できる。モニターの可動範囲の広く、横位置・縦位置の両方でモニターの角度を調整できる。

バリアングル液晶モニター

また、カメラ自体も約294gととても軽いです。カメラのボタンの位置もとても押しやすく液晶を開くだけで電源も入ります。このようにVLOGCAM 『ZV-1』はVlog用にデザインされています。

背景ぼけ切り替え

絞り(F値)を小さくすれば背景はぼけ、大きくすれば背景はくっきりになるのですがVLOGCAM 『ZV-1』はその制御をワンボタンで可能です。撮影している時に自分が語り手の時は背景をぼかしたい、自分の後ろにある風景を写したい時はくっきりにしたいなどの制御を動画撮影中にワンボタンでできるのはとても魅力的です。

背景ぼけ切り替え ぼけ
背景ぼけ切り替え「ぼけ」選択時
背景ぼけ切り替え くっきり
背景ぼけ切り替え「くっきり」選択時

商品レビュー用設定

Vlog撮影において商品を紹介する人は多いのではないでしょうか?今までのカメラでは商品を紹介する時は顔を手で隠して商品にピントを合わせるなど少し面倒臭かったのですが、VLOGCAM 『ZV-1』はそんな動作も必要ありません。撮影前に「商品レビュー用設定」をワンボタンでオンにしておくことで、商品に自動的にピントが合うようになります。

後ほど、実際に「商品レビュー用設定」をオンにして試したYoutubeの動画を貼っておきますので是非そちらも合わせてご覧ください。

顔優先AE

Vlog撮影をしている時、暗い場所に行ったり明るい場所に行ったりすると思うのですが、そんな逆光や暗いシーンでの撮影でも人物の肌の色を自然な明るさで美しく撮影できる機能が備わっています。顔優先AEでどんな光の環境に対しても表情を明るく調整してくれる便利な機能です。

クリアな音声記録

屋外の撮影においての風の音や屋内でのエアコンの音などによって、人の声が聞こえ辛くなるケースがあると思います。ですがVLOGCAM 『ZV-1』にはウィンドウスクリーンが付属しているのでウィンドウノイズを低減し、人の声を聞きやすく捉えることができます。

また、外部マイク接続も可能なのでとても高音質で撮影できるのも魅力的です。

VLOGCAM 『ZV-1』マイク

強力な手ブレ補正

屋外撮影のVlogで必須と言っても過言ではないのが手振れ補正なのですが、VLOGCAM 『ZV-1』にはかなり強力な手振れ補正がついています。その分、画角が少し狭まってしまうのですが、そのデメリットを考慮しても十分な手ブレ補正がついているので、編集時に手ブレをなくす作業がグッと減ります。

瞳オートフォーカス

SONYのカメラといったら瞳AFですが、VLOGCAM 『ZV-1』にも勿論その機能は存在します。動きながらの自撮り撮影でも、その人の瞳にピントを合わせて追い続けてくれます。

「商品レビュー用設定」機能と合わせてうまく使うことが、VLOGCAM 『ZV-1』を使いこなす第一歩となるでしょう。

NDフィルター機能

NDフィルターはカメラに取り込む光量を減少させ、シャッタースピードを遅くしたり絞りを小さくしたりすることができる。この機能によって滝や川の流れなどを効果的に表現することができる。

VLOGCAM 『ZV-1』にはNDフィルター機能が搭載されています。これにより、パラパラで不自然な動きの動画を滑らかでより自然な動きの動画に仕上げることができます。

Webカメラとしても使える

以前、「一眼レフカメラをPCに繋いでWebカメラ代用する方法【Windows SONY編】」でSONYの一眼レフカメラをWebカメラとして使用するための記事を公開しましたが、VLOGCAM 『ZV-1』も同じ方法でWebカメラとして使用できます。

興味のある方は合わせてご覧になってみてください。

関連記事

テレワークでWebカメラの需要が増えてきた昨今、手元にある一眼カメラを簡単にWebカメラにできないかということで記事を書いてみました。一眼レフをWebカメラ化する方法は、キャプチャーボードを介してカメラとPCを接続することが一般的で[…]

SONY Camera

VLOGCAM 『ZV-1』映像紹介

今回VLOGCAM 『ZV-1』を用いて動画を撮影してみたので是非ご覧になってください。

また、SONYの公式映像もとても分かりやすいでオススメです。

まとめ

初めてVlog用にカメラを購入したのですがVLOGCAM 『ZV-1はとても使いやすく便利でした。

Vlog用に特化して設定もされているので、特段カメラの専用知識がなくても使いこなせる仕様になっています。なので、専用知識によるカメラでの撮影に時間を取られなくなるので、動画編集に時間を注ぎ込めるのもポイントが高いです。Vlogカメラの入門として、スマートフォンを卒業したい方にはとてもぴったりのカメラなのではないでしょうか。

私も今後、VLOGCAM 『ZV-1』を愛用して動画を作っていこうと思います。

世界各国のVloggerの声を集めて、Vlogに求められる機能と使い勝手を備えたカメラがついに誕生!本格的で高画質な映像と、スマートフォンのようなかんたん操作を兼ね備えた、Vlog撮影に特化したカメラです。
読取速度 最大170MB/s, 容量 128GB, 書込速度 最大90MB/s, UHSスピードクラス3、SDスピードクラス CLASS 10
VLOGCAM『ZV-1』
最新情報をチェックしよう!