sony a1 body

【α1】SONYの話題のフラッグシップ機を徹底レビュー

ミラーレス一眼カメラで急成長をみせているソニーは、キャノンやニコンが中心だった一眼レフカメラ全盛時代から開発に力を入れていました。写真撮影や動画の編集が個人でも容易で行える昨今では、プロだけが求めるカメラではなくアマチュア向きのカメラも多く販売されてきています。

今回の記事ではソニーが作ったカメラはプロ仕様モデル。過去最高級品カメラが発売されることになりました。名前は「a1」になります。2021年3月19日から販売開始される予定です。

スポンサードリンク

SONYのαシリーズとは

今までプロカメラマンが持つカメラがキャノンやニコンが中心でした。ソニーがミノルタ(医療機器内視鏡メーカー)を買収し加速度的に性能が向上し、プロカメラマンがソニーに乗り換える人が多発したフラグシップモデルがαシリーズになります。ラインナップは豊富にあり、プロからアマチュアモデルまで多数のラインナップがあります。

SONY α1とは

sony a1 紹介
出典:amazon.co.jp

今回ご紹介させて頂きますSONY α1は2021年3月19日販売開始予定のモデルで、αシリーズ最高画質をほこるソニーの最高級モデルになります。推定価格になりますが、80万円+(税)を予定しているようです。ソニーが販売しているカメラで1番高価だったのはα9Ⅱですが60万円弱で購入できます。さらに20万円高い強気の価格設定になっています。

本記事ではソニーの最高画質のカメラである「SONY α1」を紹介させて頂きます。

SONY α1の外観レビュー

sony a1 body
出典:amazon.co.jp

レビュー① ボディについて

α1のボディは過去最高に重くなっています。ボディ重量は737g(バッテリーメモリカード込)でα9Ⅱと比較しても50g程度重くなっています。外形寸法はほぼ変わりありませんので、大きさはα9Ⅱと同程度と思われます。グリップからモニターまでの長さもほぼ一緒です。

画像で見る限りは外観素材に変更点はなさそうですね。従来どおりマグネシウム合金で作成されていると思います。

スポンサードリンク

レビュー② ボタンについて

sony a1 背面
出典:amazon.co.jp

α1のボタン配置はα9Ⅱとほぼ変更点はないように画像で確認できます。他シリーズを使用してきた人であれば同じように扱うことができるように配置されていると感じました。ジョイスティックボタンも採用されいて、操作性の変更点もありません。

ボタンは合計13個あります。内訳は「カスタムボタン1」「カスタムボタン2」「カスタムボタン3」「マルチセクターの中央ボタン」「中央ボタン」「AELボタン」「AF-ON-ボタン」「フォーカスホールドボタン」「コントロールホイール」「左ボタン」「右ボタン」「下ボタン」となっています。

レビュー③ 液晶について

α1の液晶モニターはチルト可動式を採用されています。プロカメラマンからの助言が多数ありチルト可動式を採用しているようです。バリアングル式よりも扱いやすいと好評だったそうです。

日差しが強い日でも、液晶ファインダーが見にくい時でも、電子ビューファインダーなら確認することができます。野外撮影で液晶が反射して見えないなど問題点を解決できています。タッチパネルの感度も良好でソニーならではの液晶技術も活かして作成されていますね。

レビュー④ 30枚/秒連続撮影について

sony a1 紹介
出典:amazon.co.jp

α1の最大の特徴でもある30枚/秒連続撮影は前作までのαシリーズと比べてファインダー内の映像がブラックアウトしないという特徴がある。見え方としては肉眼とほぼ遜色ないということでした。実際に連続撮影動画を見てもらうと分かるのだが、聞いたことがないようなシャッター音が鳴り響きます。マシンガンで連射しているような音であり、カメラのシャッターとは思えない速さでした。

レビュー⑤ 30枚/連続撮影の対応カメラレンズについて

30枚/秒連続撮影は装着するカメラレンズによって最高連射速度が変化することは覚えておきたいところです。AF-S/DMF/MFモード時は装着するほとんどのレンズ使用することが可能になっています。

テレコンバーター使用時は、レンズの最高連写速度になるようです。全てのレンズで使用できるわけではないので注意したい。対応しているレンズの詳細はソニーホームページより確認できます。

https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-1/feature_1.html

SONY α1の性能レビュー

sony a1 スペック
出典:amazon.co.jp

レビュー① 画質、画素数について

有効画素数5010万画素で、圧倒的画素数で従来製品α9Ⅱと比べても2倍以上の画素数になっています。ソニーのカメラの画素数は価格が安いモデルから高いモデルまで同じ画総数で通例でした。これ以上の画素数は難しいのではないかと思われていたところ、技術の進化をここまでかというぐらい搭載して登場しています。

従来最高価格製品の2倍の画素数を誇る当製品は2021年の目玉商品になっています。

レビュー② リアルタイムトラッキングについて

AIを活用し狙いたい被写体を決め、シャッターボタンを半押しするだけで、カメラを自動追尾させることができます。被写体距離(奥行き)から空間情報をリアルタイムで処理できます。動きの激しいスポーツにも最適でさまざまなシーンで自動追尾が可能になりました。

動画撮影時にもAF対応していて、従来製品よりも粘る強く追尾できます。認識が難しい状況下でも力を発揮できます。

レビュー③ リアルタイム瞳AFについて

sony a1 紹介
出典:amazon.co.jp

リアルタイム瞳AFとはカメラがAIで瞳を認識し新画像処理エンジンが高い処理能力を更に進化させました。人物撮影時は認識向上し、ファストハイブリッドAFのアルゴリズム進化で、α9Ⅱよりも30%高精度に瞳を追うことが可能です。犬や猫だけではなく今作から鳥の瞳もAFできるようになりました。

これまでフォーカス枠をピンポイントに合わせることが難しかった鳥の撮影も格段に便利になりました。人、動物、鳥モードに切り替えが必須です。

レビュー④ 電子シャッターでフラッシュ撮影について

sony a1 紹介
出典:amazon.co.jp

新開発された積層型CMOSイメージセンサーの高速読み出しで、電子シャッター使用した状態からでもフラッシュ撮影ができるようになりました。ブラックアウトフリー撮影、高速連写による瞳AF、サイレント撮影、フラッシュ撮影の併用により撮影する表現が格段に増えました。

シャッターはバネの力と電磁力を併用したシャッターカーテンを採用しています。カーボンファイバー製のシャッターカーテンで軽量で堅牢性も高い製品に仕上がっています。

レビュー⑤ 光学式5軸ボディ内手ブレ補正について

高性能な手ブレ補正ユニットはとジャイロセンサーを実装していて、手ブレアルゴリズムを向上させ5.5段の補正効果を実現させています。5010万画素の高解像度性能を活かすシステムになっています。静止画撮影時の手ブレ補正はシャッターボタン半押しで、ピント拡大やMFアシストによる拡大表示中のライブビュー映像を確認できましょね。

望遠撮影時のマクロ撮影時に力を発揮し、ストレスフリーでフレーミングやピント合わせができる仕様になっています。手ブレ補正非搭載のEマウントレンズ、Aマウントレンズ、などアダプターを利用し様々なレンズでボディ内手ブレ補正をで使用できますよ。

どんな写真が撮れるのか

sony a1 サンプル
出典:amazon.co.jp
sony a1 サンプル
出典:amazon.co.jp
sony a1 サンプル
出典:amazon.co.jp

製品仕様表

モデル名α1
撮像画面サイズ35mmフルサイズ
映像素子型式Exmor RS CMOSセンサー
映像エンジンBIONZ X
有効画素数約5010万画素
オートフォーカス方式ファストハイブリッドAF
AFフレーム選択可能ポジション
759点 (位相差検出方式)
常用ISO感度静止画撮影時: ISO100-32000
動画撮影時: ISO100-32000相当
シャッター速度1/8000-30秒
ボディ内手ブレ補正5.5段
連続撮影速度最高約30コマ/秒
画面7.5cm (3.0型) TFT駆動
ファインダー1.6cm (0.64型)電子式ビューファインダー (Quad-XGA OLED)
Wi-Fi搭載
Bluetooth搭載-
大きさ約128.9 x 96.9 x 80.8mm、約128.9 x 96.9 x 69.7mm (グリップからモニターまで)
質量(バッテリー等含む約737g
スポンサードリンク
sony a1 body
最新情報をチェックしよう!