富士夜景

【須走ルート】富士五合目から撮れるオススメの星空や夜景まとめ

富士五合目の須走ルートは、車で星空を撮りに行くのに最適なスポットの一つです。
光害も少なく、富士山をバックに見える星は撮影に最適です。
今回は、そんな富士五合目の須走ルートで撮って来た写真をご紹介します。

富士五合目(須走ルート)の注意点

  • 春と秋の気温に注意
    標高が2000mを超えるため11月上旬でも氷点下になります。真夏でも長袖がないと厳しい状況ですので、羽織るものを用意しましょう。
    都内との温度差が激しいです。とにかく寒い時があります。
  • トイレがない
    登山シーズンの7:30~16:00のみ開放されている有料トイレはありますが、星空撮影時には閉まってしまいます。
    下山するまでトイレがないので注意です。
  • 車の光に注意
    相手の車の光もそうなのですが、自分たちが発する光にも注意しましょう。
  • 道路状況
    傾斜10度の山道が10kmほど続き、10月頃には大量の落ち葉があるので、バイクは特に注意が必要です。
  • 動物に注意
    道中にシカなどの動物がよく出現します。道路の見通しも悪いので安全運転でいきましょう。

富士五合目へのアクセス

中央道から東富士五湖道路に入り、須走ICを降りてすぐにふじあざみラインがあります。
ふじあざみラインを10kmほど登ると富士五合目(須走ルート登山口)にたどり着きます。
東名からは御殿場ICを降りて11km(20分強)ほどの場所にふじあざみラインがあります。
ふじあざみラインは通行無料の一般道ですが、下記の期間は通行が規制されるため注意が必要です。

  • 7月上旬~9月上旬の登山シーズン(マイカー規制)
  • 5月~6月の自転車ロードレース大会の開催日(イベント日のみ)
  • 11月ごろから翌年4月末(冬季閉鎖)

出発前に道路情報を調べましょう。

ふじあざみラインと5合目の情報をまとめました。…

富士五合目のおすすめポイント

富士五号目は、標高がある程度高く、光害も少ないので、とても星が綺麗に撮れます。星空を背景に富士山撮ることができるので、おすすめです。

富士山/星空 【2019/11/02】

NIKON D610 15s 20mm ƒ/3.5 ISO1600

また富士山に向けて写真を撮るだけでなく、富士五合目の標高から街並みを見渡せるので、それらと星空を一緒に撮影するのも、おすすめです。

富士山/星空/夜景 【2018/10/21】

NIKON D610 20mm 20s ƒ/2.8 ISO320

富士山/星空/夜景 【2017-05-27】

NIKON D5300 18mm 13s ƒ/3.5 ISO2500

時間に余裕のある方は長時間露光を狙ってみると、とても迫力のある写真を撮影することができますので、是非挑戦することを、おすすめします。

富士山/星空 【2019/11/02】

NIKON D610 20mm 1087s ƒ/8.0 ISO100

また、富士五号目までは、車で行くことになりますので、星空や、富士山と一緒に撮影すると、とても映える写真になるので、おすすめです。

富士山/星空/車 【2019/11/02】

NIKON D610 24mm 30s ƒ/2.8 ISO200

富士五合目の須走ルートは、周りに何もなく、富士山が目の前にとても大きく存在しているので、魚眼レンズで撮るのも、おすすめです。

富士山/魚眼/夜景/星空 【2019-11-16】

NIKON D610 8mm 10s ƒ/3.5 ISO1000

まとめ

五合目の須走ルートは、このように様々な形で星空を撮影することができるおすすめスポットです。迫力のある富士山と星空の組み合わせが撮れるスポットは貴重です。
都内からは少し距離がありますが、とても良い星空写真を撮ることができますので、興味がある方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

富士夜景
最新情報をチェックしよう!