【作例あり】ニコン D780の実写レビューや魅力をご紹介!

辰巳第二PA 夜景

2020年1月24日に、ニコン D780が発売されました。

ニコン D780はフルサイズ機でありながら、お手頃な価格で、とてもコスパの良い機種になっています。チルト式のタッチパネル液晶はもちろんのこと、撮影する体験はとても向上しています。

今回はそのニコン D780の魅力を作例を含め、たっぷりご紹介していこうと思います。

クリエイティブを刺激する高度な仕様と最新の高機能を搭載。
多彩な高性能ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD780。

D780 – 概要 より

ニコン D780を実際に使ってみての魅力

まず、コスパが良いです。ニコン D850より、少し値段は安いのですが、十分にその性能を発揮してくれています。

有効画素数は2,450万画素です。スマホでは例えば、iPhone 11などは、1,200万画素なので、 有効画素数は倍以上あることになります。それに加え、ニコン D780はフルサイズ機ですので、1画素あたりの面積が大きく、 より多くの画像情報をセンサーに取り込めるため、高画質な撮影が可能になります。

また、ニコン D780は現行機種では唯一、900秒までシャッタースピードが設定でき、長時間露光も大変しやすくなっています。

常用ISO感度においても、範囲が ISO 100-51200 と、とても幅広いです。そのおかげで、暗いところでも、ノイズを抑制した高い解像感で撮影することが可能です。

赤城山 星空【2020/01/24】

NIKON D780 10s 24mm ƒ/2.8 ISO3200

高速連続撮影(連写速度)においては、ファインダー撮影では約7コマ/秒ライブビュー撮影では、12コマ/秒のサイレント連続撮影が可能になっています。 ニコン D850でも、連写速度は約9コマ/秒ですので、ここは、大きな特徴と言えるでしょう。

ここでは紹介しきれなかった特徴は、公式サイトに一覧として載ってあるので、是非ご覧ください。

ニコン D780、ニコン D750、 ニコン D850のスペック比較

ここでは、ニコン D780と、ニコンが発売している他機種(ニコン D750とニコン D850)のスペック比較を見ていきたいと思います。

 ニコン D780ニコン D750ニコン D850
価格約250,000円約120,000円約300,000円
有効画素数2450万画素2432万画素4575万画素
常用ISO感度ISO 100-51200ISO 100-12800ISO 64-25600
連写性能約7コマ/秒約6.5コマ/秒約7コマ/秒
質量約840g約840g約1005g
動画撮影機能4K/30p, 1080/60p1080/60p4K/30p, 1080/60p

このように、他機種とのスペックを比較すると、ニコン D780の特徴が見えてきます。

有効画素数はニコン D850には及ばないものの、常用ISO感度や、連写性能など、他の面では申し分ないスペックになっています。

撮影するにおいて、最新の技術が駆使された、総合力が高いボディニコン D780だと思っていただければ良いと思います。

ニコン D780 作例

川崎工場夜景

まずは、工場夜景の作例の紹介です。場所は川崎で撮影しました。都内から比較的近く、とても見栄えの良い工場夜景が撮れるのでオススメです。

工場夜景 川崎【2020/01/24】

NIKON D780 1/13s 24mm ƒ/2.8 ISO6400

ニコン D780の常用ISO感度の高さのおかげで、夜景もとても綺麗に撮影できます。

また、低い角度から撮影するのがオススメなスポットでもあるので、こういった場面では、チルト式のタッチパネル液晶がとても役に立ちます。

そして、ISO感度の違いにより、どのように写り方が変わったのか、紹介します。

まずは、ニコン D780のISO感度 6400とISO感度 204800の差です。

d780_kawasaki_6400d780_kawasaki_204800

ISO感度 6400では、ほぼノイズが目立たないです。ですが、ニコンD780の常用ISO感度は51200ですので、ISO感度 204800ではノイズは目立ちます。

次はニコン D780のISO感度 51200とニコン D610のISO感度 25600で撮影した場合を比較してみましょう。

d780_kawasaki_51200d610_kawasaki_25600

ニコン D610では、ノイズの差がとても顕著に現れていますね。ニコン D780の常用ISO感度の上限が51200に対し、ニコン D610は6400ですので、ニコン D780の常用ISO感度や有効画素数による、性能の高さが伺えます。

周りが暗い状態でも、ISO感度を高くして、高画質で撮影できるのはニコン D780の強みです。積極的に有効活用していくと良いでしょう。

お台場 夜景

次は、お台場にて撮影した作例です。撮影スポットとしても有名な場所ですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

お台場 フジテレビ 夜景【2020/01/24】

NIKON D780 1/3s 24mm ƒ/6.3 ISO6400

ここでも、ISO感度による比較をおこなってみます。まずは、ニコン D780のISO感度 1600とISO感度 6400の差です。

d780_daiba_1600d780_daiba_6400

ISO感度の差はありますが、ほぼノイズは変わらなく感じます。

次に、ニコン D780のISO感度 25600とニコン D610のISO感度 25600で撮影した場合を比較してみましょう。

d780_daiba_25600d610_daiba_25600

同じISO感度ですが、ノイズにかなりの差が現れています。ISO感度をここまで上げてもノイズがここまで抑えられるので、夜景でもある程度は、手持ちでもだいぶ戦えると思います。

辰巳第二PA 首都高

辰巳第二PA 高速道路【2020/01/24】

NIKON D780 10s 24mm ƒ/8.0 ISO500

辰巳第二PAも撮影スポットとして、有名です。高速道路を走行する車やトラックの軌跡を写せるので、とても独特な写真を撮影できます。

作例のように撮るには三脚が必須です。柵の上から撮影するようにしましょう。 また、大きな車が通ると地面が結構揺れますので、手振れ対策は必須です。何度もチャレンジして良い一枚を目指しましょう。

東京タワー

次の作例は東京タワーです。夜の東京タワーは撮影スポットとしてオススメです。夜中でもライトアップされていますので、綺麗に写真を撮ることができます。

東京タワー 夜景【2020/01/24】

NIKON D780 1/100s 58mm ƒ/77 ISO10000

夜でも手持ちで撮影できるスペックを持っているのもニコン D780の特徴です。作例では三脚を使わず、ISO感度は10000に設定し、手持ちで撮影しています。ISO感度は大きいですが、ノイズも少なく、細かいディティールや色をしっかりと表現できています。

また、近くに増上寺というお寺があり、広角レンズをお持ちなら、東京タワーと一緒に撮影することができますので、オススメです。

赤城山の星空

赤城山 星空【2020/01/24】

NIKON D780 10s 24mm ƒ/2.8 ISO3200

D780のスペックの高さは星空でも顕著に発揮されます。

以前、ニコン D610で撮影した、富士五号目での星空写真と比べても、今回撮影した星空夜景は、有効画素数のおかげで、とても高解像度な写真を撮ることができたので、感動しました。

ISO感度を高めに設定してもノイズがそこまで大きく出ないのも、ニコンD780の性能の高さが伺えます。

また、星空を撮影するときに星にピントを合わせるのが至難の技なのですが、チルト式や、ボディのスペックの高さにより、とてもピントを合わせやすくなっています。

まとめ

ニコン D780の紹介は、いかがだったでしょうか。撮影するための様々な機能の登場や、全体的に高いスペックが魅力的ですね。ニコン D780は、カメラとしての総合力がとても高い機種だと感じています。

特に常用ISO感度の高さのおかげで、夜景などをメインで撮る方は、とてもおすすめできる機種だと思います。

ぜひ、一眼レフカメラの購入を考えている方は、ニコン D780を検討してみてはいかがでしょうか。